Hatena::Groupuwsc

CAPICOM.Utilities

主要な Windows 標準コンポーネントの一覧 → http://uwsc.g.hatena.ne.jp/keyword/ProgID
UWSC 基礎文法最速マスター → http://uwsc.g.hatena.ne.jp/cx20/20100131/1264938584

CAPICOM.Utilities

概要

CAPICOM.Utilities は、CryptoAPI (CAPI) の ユーティリティ オブジェクトを表す ProgID です。

このオブジェクトを使用することで、バイナリデータと文字列との変換や Base64 変換が利用できるようになります。

また、CAPICOM が存在しない場合は、下記サイトよりダウンロードできます。

Platform SDK Redistributable : CAPICOM

サンプル

// File : ShowBase64.uws
// Description : UWSC から CAPICOM を利用して Base64 変換を行うサンプル。
Option Explicit

Main()

Procedure Main()
    Dim strData
    strData = "こんにちは"
    ShowBase64( strData )
Fend

Procedure ShowBase64( strData )
    Dim capi
    capi = CreateOleObj("CAPICOM.Utilities")
    Dim strHex
    Dim strBase64
    strHex = capi.BinaryToHex( strData )
    strBase64 = capi.Base64Encode( strData )

    Print "strData    = [" + strData + "]"
    Print "strHex     = [" + strHex + "]"
    Print "strBase64  = [" + strBase64 + "]"
Fend
実行結果
strData    = [こんにちは]
strHex     = [533093306B3061306F30]
strBase64  = [UzCTMGswYTBvMA==
]

参考情報