Hatena::Groupuwsc

ADO

主要な Windows 標準コンポーネントの一覧 → http://uwsc.g.hatena.ne.jp/keyword/ProgID
UWSC 基礎文法最速マスター → http://uwsc.g.hatena.ne.jp/cx20/20100131/1264938584

ADO

ADOとは?

ADO は ActiveX Data Objects の略で、Microsoft の提唱する データ アクセス プログラミング モデルです。

色々なデータソース(SQL Server、Excel ファイル、テキストファイル等)に、同じ手順でアクセスすることができるようになります。

ADO API リファレンス

http://msdn.microsoft.com/ja-jp/library/cc408215.aspx

[MSDN ライブラリ]

└[Win32 および COM 開発]

 └[Microsoft Data Access Components (MDAC)]

  └[SDK ドキュメント]

   └[ADO]

    └[Microsoft ActiveX Data Objects (ADO)]

     └[ADO プログラマーズ リファレンス]

      └[ADO API リファレンス]

■ サンプル(AdoTest.uws)
// File : AdoTest.uws
// Description : UWSC から ADO を使用して CSV ファイルファイルを読み込むサンプル
Option Explicit

Main()

Procedure Main()
    Dim cn = CreateOleObj("ADODB.Connection")
    Dim strDataSource = "C:\home\edu\uwsc\com\ado\data"
    Dim strFileName = "test.csv"

    Dim strConnection = "Provider=Microsoft.Jet.OLEDB.4.0;" + _
        "Data Source=" + strDataSource + ";" + _
        "Extended Properties=" + Chr(34) + "text;HDR=Yes;FMT=Delimited;" + Chr(34) + ";"

    cn.Open( strConnection )

    Dim strSQL = "SELECT * FROM " + strFileName
    Dim rs = cn.Execute( strSQL )
    
    ShowRecordset( rs )
Fend

Procedure ShowRecordset( rs )
    While !rs.BOF And !rs.EOF
        Dim i
        For i = 0 To rs.Fields.Count-1
            Print "rs.Fields(" + i +").Value = [" + rs.Fields(i).Value + "]"
        Next
        rs.MoveNext
    Wend
Fend
■ 入力ファイル(test.csv)
field1,field2,field3
aaa,111,123
bbb,222,456
ccc,333,789
■ 実行結果
rs.Fields(0).Value = [aaa]
rs.Fields(1).Value = [111]
rs.Fields(2).Value = [123]
rs.Fields(0).Value = [bbb]
rs.Fields(1).Value = [222]
rs.Fields(2).Value = [456]
rs.Fields(0).Value = [ccc]
rs.Fields(1).Value = [333]
rs.Fields(2).Value = [789]

* はてなダイアリーキーワード:ADO